感染

2011.01.12 Wednesday 21:11
0

    寒い日が続いています。
    ここのところ東京もとても寒い。
    まだ、雪が降らないだけいいのですが
    ただ、空気が乾燥しています。

    寒くて乾燥しているとインフルエンザや風邪など
    感染しやすいので手洗い・うがいはこまめに。

    鍼灸治療を受ける場合
    多くの方が心配するのが
    感染症についてです。
    現在の鍼はほとんどの場合使い捨てとなります。
    ただ、特別な素材を使用した鍼などの場合
    滅菌処理をしたものを使用する事もあるようです。
    当院の場合全て使い捨てとなっております。

    昔は予防注射などの注射器・注射針の使い回しが行われ
    医療器具などからの感染などによる
    感染症など医療業界でも
    考えられなかった感染と言うものが確認されるようになりました。
    それに伴い鍼灸治療を施術する側の
    鍼灸師もまた同じように感染予防についても
    しっかりと学んでいます。

    別の話ですが
    日本では注射や採血を行う際
    必ずアルコール綿や消毒薬の浸された綿で
    部位を消毒してから行う事が通例ですが
    ヨーロッパのとある国では
    部位を消毒した場合としない場合で
    違いはないという見解が出たらしく
    特には何もせずに注射及び採血を行うと言うところあるようだ。
    日本では滅菌手袋を着用して
    アルコール綿なども滅菌してさらに清潔操作して…など

    アルコール綿が浸された万能ツボ内で
    以前はアルコールで満ちているから…と言ういう理由で
    問題なかったのですが、そこに雑菌が繁殖していたということや
    器具の消毒で
    今までは死滅していたものが耐性が出来ていたということも。
    雑菌やウイルスなどどんどん形を変えているということもある。

    感染予防はこれからもどんどんかわっていくかもしれません。

    category:鍼灸 | by:受付Ncomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    TIME
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM